RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

総合探偵社密会バスターズ ブログ

現役探偵が遭遇した、様々な事件についての話!
<< 浮気(不貞行為)Q&A その | main | 離婚の民法 >>
離婚時による慰謝料について
0
    ◇ 離婚の慰謝料の条件は次の通りです。

    ・ 双方に離婚の原因がある時は請求できない。
    ・ 慰謝料を支払う側(被請求者)でも、財産分与は請求できる。
    ・ 慰謝料の請求は離婚後でもできる(時効3年)
    ・ 慰謝料が金銭で支払われる場合は税金がかからない

    〜 ポイント 〜
    1) 平均200万円〜350万円(離婚理由・婚姻期間・所得や協力度合等で決まる)
    2) 慰謝料請求の証明(=離婚理由の証明)は難しい
    3) 分割払い可。ただし、リスクがあるので公正証書で法的効力のある約束にするべき。


    ◇ 財産分与
    夫婦で築いてきた財産の精算であり、離婚により生活に不安を来たす側への扶養。
    〜 離婚の財産分与の条件 〜
    ・ 離婚原因を作った責任と財産分与は無関係
    ・ 有責配偶者(離婚原因をつくった側)も請求できる
    ・ 離婚後に財産分与も可。(時効2年)
    ・ 不動産にて財産分与をもらうと譲渡所得税がかかる
    ・ 夫婦の協力によって得た財産が対象 (会社員の場合の給料 等)
    ・ 特有財産(婚前に得た財産)(相続を受けた場合)(自己の名で得た財産)は財産分与の対象外です。
    〜 ポイント 〜
    ・ 財産分与額の算出は難しい(厚生年金、年金、保険関係他も全て含めると、算出・立証が非常に難しい)
    ・ 協議、調停では話合いが基本
    ・ 決着しない場合は家庭裁判所審判に協議に変わって、処分を請求できる。
    (財産構築への夫婦それぞれの貢献度合い等が焦点となる。家事、育児も大きな貢献とみなされる。)
    ・ 金額は婚姻期間に比例して様々
    ・ 不動産による財産分与は登記手続きが必要(課税対象)
    ・ ローンが残っている不動産は要注意、しっかりと決め事をしましょう
    ・ 分割払い可。ただし、リスクがあるので、公正証書で法的効力のある約束にするべき。
    ・ 配偶者(例えば夫)による財産の隠匿工作に注意
    ・ 年金は財産分与の対象にならないのが通常

    公正証書作成(示談)の場合、コレまでの互いの収入を足して2で割り、生活費等の額を平等に差し引き残った金額を5:5でなくても6:4とか7:3とかそれ以上で取り決めをしてもOKです。
    互いの合意があれば問題ありません。


    ◇ 養育費
    法律上親には子供の扶養義務がある。
    〜 養育費の相場 〜
    ・ 通常子供1人あたり2万円〜6万円(収入等による)を成人する迄か、大学を卒業する迄とする。
    ・ つまり子供0歳児1人あたり480万円〜1584万円(22歳までとして)の間が全体の80%以上となっている。
    〜 ポイント 〜
    ・親には子供の扶養義務があるので、通常破産したとしても支払うこととなる。
    ・ 公正証書に「支払いが滞った場合にはいつでも強制執行できる」と書くか、裁判で確定判決を得た場合には支払いが滞った時にいつでも給料(会社)や預金(銀行)等の第三債務者に対して強制執行、差し押さえをかけることができる。
    ・ 法律的に養育費から逃れられる術は無い!!
    ・一括で貰っても、分割で貰っても相手との相談次第で構わない。裁判の判例では分割が多いが滞りやすい。
    | 法律の豆知識 | 19:15 | comments(3) | - | - | - |
    全てが証拠ということなら、相手も証拠がなければそれほどとれるとも限らないということですか?法律的にはやはりこちらが悪いので、払わなくてはいけないでしょうが、例えば向こう曰くメールの回数や時間、内容(体関係の事ではない)も関係あると保存しているらしく、それを証拠として持っているそうです。私は肉体関係もなく、ただ上司と部下の関係を保つ為にセクハラメールも応えて返信していたのに後悔です。
    | スズキ | 2008/01/02 8:47 AM |

    婚姻関係の事実上の破綻認定は別居しただけでは、認定されません。
    双方が婚姻継続の意思が無いことが明確に書面なりで確認されているか、
    別居後最低5年程度以上の期間が経過していたり、
    あとは、離婚に係る条件の関係で形式上夫婦になってしまっている場合などだけですので、難しいですね。多分払う羽目になりますね。

    結局世の中証拠なのです。裁判では、事実と全然違う認定をされることは多数あります。むしろ厳密に解釈すると、殆どの係争が100%事実を反映していないと思います。証拠を用意できた方の勝ちでしょう。
    | 総合探偵社密会バスターズ | 2007/12/28 3:50 AM |

    実際は別居後の不倫でも、相手の妻が別居前からの不倫だったと請求してきた場合、支払わないといけないんですか?
    | スズキ | 2007/12/27 7:59 PM |